-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-09-10 13:56 | カテゴリ:未分類
さっき、題名だけ更新されてました(;´Д`)
なんでか、この携帯だと遅れないんですよね(泣)
他の人にちゃっかり更新頼んでます←





どうも、朔です
リレー関係ないそうなので国高祭終わって思ったことをつらつらと書きます(´・ω・`)




昨日、先生からのメールで個人名が挙げられててだいぶ驚きました(笑)

40人みんな頑張っている中でこんなわたしを取り上げてくれたことを嬉しく思います

ありがとうございました




あ、でも「ナンパ」だと少々語弊が生じてる気がしますね(´д`)



(笑)




せっかくなので、というか

けじめのつもりで本音をちゃんと伝えたいと思います。





思い起こせば四年前

わたしは、初めて国高祭に来ました。


そのときは、劇とかもよく分からないというか知らないし
ただただ、パワーに圧倒されていた記憶があります。



初めて劇を観たのがその一年後…

トリ○カレ男を観ました




たぶん、国高祭で劇を初めて観たときって
みんな同じような衝撃を受けるんじゃないでしょうかね


まず、クオリティの高さ


そして、教室という狭い空間であそこまで表現できる国高生の力


この瞬間、わたしは国高に恋をしました(笑)






目標はひとつ

国高で三年になってキャストをやること…






と、まぁこのように…実はわたしキャストをやりたくて国高を選びました。





しかし、ご存知の通り
わたしは、広報の平社員です


二回目のオーディションのオファーを断りました、







3100がオリジナルをやるかどうか決定するとき


わたしは、候補に残っていた既製作品に心を惹かれなかった、という理由でオリジナルを推しました。



しかし、いざオリジナルと決まって話の大筋も決まって


さあ、オーディションとなったとき

わたしは、怖くなりました

このクラスで本当にオリジナルが出来るのかと…


一回目のオーディションはキャストをやりたい気持ちとこの怖さと

色々、悩みながら受けました

結果として二次オーディションに役が回されたので

キャストとして決定することはありませんでしたが、

そのとき、ホッとした自分がいることに気づいたのです






このような気持ちで役を演じるわけにはいかない

これが、わたしの出した答えでした。





実際、部活を引退したとはいえ
夏休みはほぼ毎日塾があり
受験の関係で部活にも出なきゃいけなくて…


と、国高に入った目標を捨てるには本当に沢山の理由を思いつく限り並べて…




わたしの中では、結構大きな決断でした。








事実、夏休み中は
やっぱりキャストを諦めずにオーディション受ければよかったのではないかという気持ちと
いや、諦めてよかったんだという気持ちと
そんな二つの気持ちに振り回され悩み
ほとんど作業を手伝えませんでした。

広報は忙しいのに本当に申し訳なかったと思っています。






そして、約束の日

わたしは学校を休みました。



前日まで塾の合宿があったので
実際、半分以上死んでいたのですが…
本当は行こうと思えば行けたんです
いま、思えばただ逃げたかっただけなんですね
観るのが怖かったんです、わたしが諦めた夢を追って充実してる人を…




子供ですね(笑)







結局、こんな中途半端なまま夏休みが終わり文化祭直前の追い上げモード


ついていけない…と、悩みました



で、そう思ってるうちに前日←
総合発表会、そのあとクラス見せ…





本音を言うと、これも逃げたかったんです
でも、それじゃあいけないって思って…



見終わったわたしの感想、(実際リアルに書いたやつなんですけど)



キャストをやることで感じたであろう後悔は
今、この後悔より大きかったのか小さかったのか
この学校を選んだ理由を捨ててまで…
わたしは何を手に入れた?
どう成長できた?
(以下省略)


正直、羨ましかったですキャストが





たぶん、どんな役職についてもたくさんの苦労や後悔はあったと思います。
わたしは、結局全部中途半端で逃げてただけだなーと





まぁ、今更、考えても遅かったです
でもとりあえず、逃げるのはやめようって


残り全部、クラスのためにって






その夜、わたしは広報チーフ宅で完徹で作業しました(笑)














強い光には必ず濃い影が存在します。




どこぞの漫画にこのようなことをうたっている人がいましたが

実際、そうだと思います


もし、キャストが光なら

わたしは影として尽力しよう、と








もっと早く気付きたかった

もっと濃い活躍をしたかった

本当に今更だとは思いますが

心残りがあるとすればこれですかね…











文化祭での二日間のわたしの仕事は
他の39人に比べたら微々たるものかもしれませ んが


それでも、最後にちゃんと貢献できて すごく嬉しかったです。





わたしの高校最後の文化祭は嬉しいがたくさん詰まってます…




改めて3100でよかったと思います。

ありがとうございました。










とりとめもなく、私事を書き綴ってしまいましたが


最後まで読んでくれてるのかな?(笑)








ここまで、たどり着いた人お疲れさまです(´・ ω・`)
















文化祭楽しかったですね

本当にみんなお疲れさまでした。


祭りはこれから体育祭ですが

最後まで楽しみましょう!!






駄文失礼しました。
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://3100utaizaka.blog.fc2.com/tb.php/89-3dffa702
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。